引越しの荷物梱包のポイント

引越し時の荷物梱包方法

引越しで一番労力を使う作業「梱包」

個人差はありますが、一般的に引越しは人生でそう何度も経験することではありません。
見積もり、業者選定も非常に重要な要素ですが、引越しで一番労力を使う作業、それが「梱包」ではないでしょうか。

 

何しろ梱包しないことには荷物が運べないので、避けては通れません。
しかし、膨大な量の荷物を整理しながら梱包していくにはちょっとしたコツがいります。

 

梱包をどれだけうまくやるかで、当日の作業のしやすさだけでなく、新居での開梱の際の手間も変わってくるのです。
このサイトでは、ダンボールに荷物を梱包する際のコツや、できるだけ破損を防ぐ梱包の方法などについてお話したいと思います。

 

梱包で悩んでいる人の解決の糸口になれば幸いです。

引越し時の荷物梱包方法記事一覧

引越しにおける梱包の基本は不要品の処分

梱包作業をしていくと、梱包前の資材や梱包したダンボールで部屋が一杯になってきます。しかも、その状態で普段の生活もしなければなりません。ある程度のスペースを確保するためにも、不要品の処分を最初に行いましょう。不要品は思った以上に沢山出ます。不要なのだけれども何となく捨てきれずに今までとっておいたもの、...

≫続きを読む

 

引越し荷物梱包の基本

資材のダンボールは、大体引越し業者の方で用意してくれます。もし業者で用意してくれない場合は、スーパーやドラッグストアでダンボールをもらってきましょう。大、小と大きさは2種類くらいあった方が良いです。できるだけ厚くて丈夫そうなものを選んでください。荷物は自分が思っている以上に多いものですから、ダンボー...

≫続きを読む

 

引越しで服・雑貨の梱包はどうやる?

前述しましたが、シーズンオフのもの、現在の生活で使用していないものから詰めていきましょう。同じタンスの同じ引き出しのものは同じダンボールに詰めておけば、新居での詰め込み作業が楽になります。CDは食器に比べると割れにくいですが、やはり割れてしまうことがあります。ケースの中にきちんと入っているかをチェッ...

≫続きを読む

 

引越しにおける割れ物の梱包について

食器類の梱包は、一番神経を使うところです。基本的に一つずつ丁寧に新聞紙やプチプチでくるみます。大皿の場合は、厚手のタオルなどでくるむと良いでしょう。コップの取手は割れやすいので、特に注意して梱包してください。平皿を箱の中に詰めるときは、CD同様縦に詰めるようにしてください。その方が衝撃に強いです。ダ...

≫続きを読む

 

その他(刃物類の梱包とシャンプー・石鹸類)の梱包

また、梱包のときに気をつけておかないといけないのが包丁などの刃物の梱包です。専用の鞘があれば、それに収めるのが一番ですが、それがない場合は中古ダンボールを利用して梱包をします。中古ダンボールを切って二つ折りにし、ダンボールの折り目の方に包丁の刃がくるようにします。それから、ダンボールの縁をガムテープ...

≫続きを読む

 

冷蔵庫・洗濯機の準備

冷蔵庫は、前日の夜にコンセントを抜いてドアを開けておき、霜を取らなければなりません。ということは、生ものや常温保存ができないものは全て処分する必要があるということです。引越し前日までに計画的に食べきってしまうのがベストです。常温で保存できるものについては、「食品類」としてダンボールに詰めて大丈夫です...

≫続きを読む

 

石油の扱いと電気機器について

石油ストーブなど石油を使った暖房機器は、必ず中に残っている石油を抜き、ティッシュなどで拭いておきましょう。電池も外しておきます。灯油やガソリンは危険物となりますので、引越しの荷物としては運べません。近くのガソリンスタンドで処分してもらえますので、持って行きましょう。テレビ・HDレコーダー・DVDプレ...

≫続きを読む

 

引越し中の貴重品は?

現金・有価証券・宝石・通帳・キャッシュカード・印鑑などの貴重品については、引越し業者では運んでくれません。というよりも、大事なものなので自分で運びましょう。当日他の荷物に紛れてどこにいったかわからなくなるようなことがないように、しっかりと管理してください。引越しの見積もりや契約書も自分で運んでくださ...

≫続きを読む

 
ホーム RSS購読 サイトマップ