引越しの荷物梱包の基本

引越し荷物梱包の基本

引越し梱包の基本その1

資材のダンボールは、大体引越し業者の方で用意してくれます。
もし業者で用意してくれない場合は、スーパーやドラッグストアでダンボールをもらってきましょう。

 

大、小と大きさは2種類くらいあった方が良いです。できるだけ厚くて丈夫そうなものを選んでください。
荷物は自分が思っている以上に多いものですから、ダンボールも多めに用意しておいた方が作業はスムーズです。

 

ダンボールを組み立てたらテープで留めていきますが、底部分は必ず十字に貼り付けておきましょう。
テープを使わずに底面を組み立てると底が抜ける恐れがあります。必ずきちんとテープで留めてください。

 

シーズンオフのもの、現在使わないものから詰めていってください。
引越し前後や当日に必要なもの(着替えや洗面、掃除機やゴミ袋など)は別にしておきましょう。

梱包の基本その2

荷物を入れたダンボールには、上面だけでなく側面全てにも、
中身と新居でもっていく部屋(平面図にA、Bなどと記号を降っておくと引越し作業員にもわかりやすいです)を記入しておきましょう。

 

上面だけだと、積んだときに中身がわかりません。
また、ダンボールに通し番号を書いておくと、新居で搬入作業が終わり、ダンボールの総数を確認するときに便利です。

 

重いもの(書籍など)は小さいダンボール、軽いもの(衣類など)は大きいダンボールというのが基本です。
自分で持ち上げられない重さのダンボールにするのはやめましょう。入れながら時々自分で持ち上げてみて、重さの調節をするようにしましょう。

 

それから、家具類の引き出しの中身はきちんと出してダンボールに梱包しておきましょう。
業者によってはタンスの服などそのままでいいところもあります。各々確認してください。

引越し荷物梱包の基本関連ページ

引越しにおける梱包の基本は不要品の処分
引越しにおける梱包の基本は何と言っても不用品の処分から始まります。不用品の処分を行うことによって、まずはスペースを確保しましょう。
引越しで服・雑貨の梱包はどうやる?
引越しで必ず発生するのが服や雑貨の梱包。では服や雑貨を効率よく梱包するには何をしたらいいのかご紹介します。
引越しにおける割れ物の梱包について
引越しで怖いのが割れ物の梱包ですよね。割れ物・割れやすい物の梱包をする時には何に注意をしたらいいのかまとめてみました。
その他(刃物類の梱包とシャンプー・石鹸類)の梱包
引越しにはまだまだ色んな物の梱包作業が残っています。特に刃物類やシャンプー・石鹸などの梱包方法についてご紹介します。
冷蔵庫・洗濯機の準備
引越しが近づくと冷蔵庫や洗濯機の取り扱いかが分からなくなりますよね。そこで引越し直前になるまでの冷蔵庫、洗濯機の取り扱い方についてご紹介します。
石油の扱いと電気機器について
引越しをするにあたって、冬場に登場する石油や灯油の取り扱い方、その他細かな電気機器についての取り扱い方をご紹介します。
引越し中の貴重品は?
引越しを行う時には貴重品はどのようにして取り扱えばいいのかご紹介します。後々のトラブルを未然に防ぐためにも重要なんですよ。
ホーム RSS購読 サイトマップ